2011年12月08日

JA青年部全道大会

12月7、8日に札幌パークホテルで青年部全道大会が行われた。今年は運営側での参加だったので、色々な経験が出来たし、大会自体その分楽しむことが出来たと思う。
今年は60周年と言うこともあり、通常年とは違い、歴代会長の表彰式などをした周年記念式典も同時に行われた。
大会内でされた全青協副会長の遠藤氏の講演では、福島県での震災での生々しい経験談や、現在置かれている状況などの貴重な話が聞けた。「地震、津波だけなら良かった。原発は余計だった。」という人がいるが、それは実際に震災被害にあった人や、救助活動を行った人は誰も言わないし、その人たちに失礼だ。という話が印象深かった。
まだ震災は終わっていないと同時に前に進み出している人もたくさんいる事を忘れてはいけない。
二日目にはソフトバンクの青野氏の興味深い話も聞け、とても勉強になった。
それにしても他の盟友の発表や、活動報告を聞くと非常に刺激を受ける。みんなで力を合わせて今の厳しい農業情勢を乗り越えたい。
posted by いわけん at 22:32| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農協青年部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。